中国スマホメーカー、世界市場でのシェア獲得のための戦争

中国スマホメーカー、世界市場でのシェア獲得のための戦争

スマートフォンの世界市場では、さまざまな新しいモデルが登場し、競争が激化しています。
2017年はAppleが新しいiPhoneを発売したことで、中国での市場シェア争いに刺激を与えました。
現在、Appleは、中国市場においては、中国メーカーの後塵を拝する形となっていますが、さすがのブランド力、
そしてスマートフォンのトレンドを作るのはiPhoneだという事実を再確認することとなりました。
 
あるレポートによると、2017年末のAppleの市場シェアは、iPhone 8、iPhone 8 Plus、そしてiPhone Xのおかげで24.3%に伸びました。
Appleは第4四半期には、世界のスマートフォン市場シェアで51%を記録。
しかし、この伸びであっても、Appleの中国におけるシェアがこのような高さをキープすることは難しいだろうというのが、専門家の大方の予想です。
HuaweiやXiaomiのような、Androidをベースとしたスマートフォンブランドは、必ず巻き返してくるというのが彼らの根拠でもあります。
 
中国のスマートフォン市場全体が、明らかに減速しており、2018年はApple にとって、厳しい1年になるというのが大方の予想でしょう。
その上、激しい国内でのスマホ戦争に巻き込まれるわけですから。ただ、厳しい戦いを強いられるのはAppleだけではもちろんありません。
 
Appleがミドルクラス端末を売る?
Appleが中国におけるiPhoneの将来をどのように考えているのかはさておき、販売量を増やしたいと思えば、
ハイエンド端末を購入できないミドルクラスをターゲットにした、製品の販売を考えなければならなくなるかもしれません。
 
中国の消費者は、既にスマートフォンの買い控えに動いている可能性があります。
世界最大のスマートフォン市場である中国の出荷台数は、2017年に初のマイナス成長を記録。4%減の4億5900万台でした。
あるマーケットリサーチ会社によれば、2018年はさらに2%の減少が予測されているとのことです。
iPhone Xの価格につけいる隙あり
AppleのiPhone Xは約$ 1,200。中国の消費者にとって、やはりこの価格は脅威です。
多くの人はこの金額を出すことができるものの、さらに多くの消費者は予算を意識しています。中国のメーカーはそのことを知っているのです。
中国のメーカーには地の利があります。また、中国国内でのデータの蓄積もあります。その蓄積は、新興市場で市場シェアを伸ばすことにも役立ちました。
 
Huaweiは通信関連の部品会社として設立以降、中国での存在感はひじょうに大きなものがあります。
アメリカのスマートフォン市場では、いじめにあっていますが、中国市場では、今後もシェアを維持する可能性が高いと見られています。
これはHuaweiに続く勢力であるOppoとVivoにも言えることでしょう。
 
2017年の第4四半期には、四大中国ブランドが自国の市場シェア上位を独占しました。Huaweiが24.3%、Oppoが20%、そしてVivoとXiaomiが続きました。
 
Xiaomiはインドのスマートフォン市場において、Samsungと激しい勢力争いをしています。
Huaweiのスマートフォン市場シェアも急速に拡大中ですが、アメリカの市場で抱える問題はHuaweiにとってはやっかいなことでしょう。
 
中国スマートフォンメーカーのプラン
スマートフォンを「ステータスを反映する物」と考えている人は、世界にもたくさんいます。
車や腕時計と同じようにスマートフォンが、ステータスを計る対象となっていることは明白でしょう。
 
AppleのiPhoneは、デビュー以来、この作戦を採り続けてきました。
現在、世界的にそのイメージをひけらかすことのできるスマートフォンブランドというのは、Appleの他にはSamsungがある程度でしょうか?
Samsungは人によってはそこまでのブランド価値は無いという人もいるかもしれませんが…
 
しかし、この他にスマートフォンブランドとして、今後、存在できるメーカーが出現するのでしょうか?
 
実はそれを狙っているメーカーがあるのです。
 
中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入

xiaomi(スマホ・タブレット)